スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜中華街で朝一番に開店する店 『馬さんの店 龍仙』 

またまたGW食い倒れツアーで行ったお店の紹介です。

なんとこちら、横浜中華街で一番早く開店し(朝7時)、
しかも夜は3時までという、一体いつ寝てるのかわからないお店です。

馬さんの店 龍仙
馬さんの店 龍仙

基本的にはお粥のメニューが多いのですが、
馬さんの店 龍仙のメニュー
馬さんの店 龍仙のメニュー

さすがに食いしん坊の我々はお粥では満足できず、
ちょっとボリューミーなメニューを注文することに。
水餃子
水餃子@525円

パリパリあんかけ焼そば
パリパリあんかけ焼そば@840円

フカヒレの姿煮セット
フカヒレの姿煮セット@1050円

中華街とは思えないほどリーズナブルな値段です。
しかも、薄味なんですがダシがしっかり効いていて旨い!
(正直、今まで中華街で食べた中で一番おいしかったです)
場所は中華街の端っこの方なのですが、行ってみる価値は大です。

というわけで、お店の詳細は続きを読むからどうぞ。

続きを読む

炊飯器レシピ ~タケノコ炊き込みご飯~ 

前回のヒキの通り、本日の記事はタケノコご飯です。
いつもいつもこんな切ない使い方をされている炊飯器ですが(黒米の赤飯は除く)
今回はいたって普通の炊き込みご飯です。

タケノコ炊き込みご飯
いたって普通のタケノコ炊き込みご飯

詳細は続きを読むからどうぞ。


続きを読む

元祖バカ貝(アオヤギ)料理の店 『志のざき』 

GWの食い倒れツアーの中でのお店です。
一体、何軒食べ歩いたのか自分自身でも把握してません。
嫁の『旨い飯喰いに連れてけー連れてけー』オーラ恐るべしです。

というわけで、本日ご紹介するお店はこちら。
志のざき
元祖バカ貝料理の店『志のざき

千葉の富津公園の中にあるバカ貝(アオヤギ)料理のお店です。
富津公園

目の前が富津港だということで、
やはり魚介類をたっぷり使った料理が自慢です。
貝丼
貝柱やバカ貝、ニシ貝等がたっぷり入った貝丼。

他に頼んだ料理とお店の詳細は続きを読むからどうぞ。

続きを読む

穂先タケノコの炙り焼き 

ようやく、ようやく山うどを食べきったと思ったら
またもこんな衝撃的なワンシーンが・・・
今度はタケノコが・・・
今度はタケノコですか・・・。
両親よ、ありがたい、ありがたいんですが(以下略)

えぇい、食べますよ。
とにかく春の息吹を存分に味わってやります。
てなわけで今回の料理。
穂先タケノコの炙り焼き
穂先タケノコの炙り焼き 山椒の葉を添えていただきます。

詳細は続きを読むからどうぞ。


続きを読む

外はカリッと中はジューシー。銀座でトンカツといえば『とん喜(とんき)』 

無性にトンカツが食べたくなる日ってありますよね。
そんな時おすすめなのがこちらのお店です。

とん喜 銀座店
とん喜(喜は旧字体で七が三つ)

そして今回のランチメニューはこちら。
メンチカツ定食@950円
メンチカツ定食@950円

高温で揚げた衣がカリカリ、そしてサクサクで、
中はジューシーで噛んだ瞬間口の中に旨みがじゅわっと広がります。

ちなみにこの日は余談があって
店員さんの手違いで、ちょっと僕の注文が出てくるのが遅くなったのですが
そのお詫びなのか、ヒレカツを一切れオマケしてくれました。
別に怒ってたわけじゃなくて、遅いなー( ゚д゚)ポカーンとしてただけなんですが・・・。


続きを読む

電子レンジレシピ ~カブと山芋のグラタン~ 

約3ヶ月ぶりの電子レンジレシピです。

炊飯器レシピといい、つくる時は作り続けるのですが
使わなくなると全く使用しなくなるという、
料理方法にムラがある管理人きゃびあです。

さて本日ご紹介する料理はこちら。
カブと山芋のグラタン
カブと山芋のグラタン。

ガラにも無く表面にハートマークなんかつくっているのが
ワールドワイドウェブで世間様に公開する時に恥ずかしかったりします。

詳細は続きを読むからどうぞ。。


続きを読む

銀座で和風バイキングランチ 『響 銀座7丁目店』 

日々の楽しみがランチ散策という
なんだかOLのような生活をしている管理人マサです。
毎日、お昼前後になるとこんな検索ばっかりしています(←仕事しろ)

というわけで、
今回ご紹介するお店はタイトルにもある通り和風バイキングのお店です。
和食バイキングランチ
おにぎりが嬉しい和食バイキング@1,000円

お味噌汁と食後のコーヒーは店員さんがサーブしてくれるので
食べる事に集中できます。会話など楽しみながら食事ができます。

しかーし、
料理に並ぶ人・人・人
12時前後は席待ち&料理待ちが発生するので、
時間帯をうまくずらした方がよろしいかと思います。

お店の詳細は続きを読むからどうぞ。


続きを読む

ピリリと辛い葉わさびの酒粕和え一夜漬け 

春は(なんだかもう夏の気候ですが)いろんな食材があって楽しいですね。
ようやく山うども一段落ついたので、
他の食材を使った料理をつくってみることにします。

今回の食材はこちら。
嫁が仕入れてきた葉わさび
嫁がスーパーで安く仕入れてきた葉わさび。
薬味などでおなじみの「わさび」の葉の部分です。
葉わさびは、わさびと同じく鼻に抜けるような上品な香りは強いですが、
辛味はわさびほど強くないので、まさに香りを楽しむための野菜です。

その葉わさびを使った料理はこちら。
葉わさびの酒粕和え
葉わさびの酒粕和え一夜漬け

葉わさびの風味をそのままに
冷蔵庫に余っていた酒粕が辛味成分をコーティングして
純粋に葉わさびの香りとシャキシャキした歯応えを楽しめる料理です。

詳細は続きを読むからどうぞ。

続きを読む

黄シジミと山うどの酒蒸し 

山うど料理の第二弾です。
いやー、いろんなレシピサイトを探すのはホント勉強になります。

で、今回の料理は
キッコーマンのサイトで見つけたレシピが元なのですが
ウチの冷蔵庫にはアサリじゃなくて
親が置いていった黄しじみ
親がどこかの川で獲ってきたシジミが居たので、アサリの代用とすることに。

それで完成した料理がこちら。
黄シジミと山うどの酒蒸し
黄シジミと山うどの酒蒸し

で、作った後にシジミの事について調べたんですが
この黄色いシジミ、非常に珍しい種類で
要は川底が土だと黒~黒褐色で、砂・砂利だと黄色い殻になるとのことです。
そんな貴重なシジミを
ウチの親父はどこから仕入れてくるのか不思議なところです。

まぁ、そんな余談は置いておいて
レシピの詳細は続きを読むからどうぞ。

続きを読む

路地裏の名店 『大衆割烹 三州屋 銀座店』 

まずはこの写真から。

プランタン銀座裏の路地を一歩入った場所にある三州屋銀座店
銀座とはいえ、この細い路地の突き当たりにあるこのお店。
今回のランチターゲットはこの三州屋銀座店です。

この決して良いとはいえない立地ながら
お昼時は常時この路地に人が流れ込んで行きます。
早速ワタクシもその流れに乗ることに。

今回いただいたランチ。
穴子フライ定食@1,000円
穴子フライ定食@1,000円

感想とお店の詳細は続きを読むからどうぞ。

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。