スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥軟骨の黒酢炒め揚げ 

以前に砂肝のガーリック炒めを作ったときにも書きましたが
我が家の酒の肴レシピは人生の中でも重要なファクターを担っています。
と言うわけで、本日のおつまみレシピはこちら。

鳥軟骨の黒酢炒め揚げ
鳥軟骨の黒酢炒め揚げ

コリコリした軟骨がさっぱりした黒酢と良く合います。
良くビールと合います

ではいつものように詳細レシピは続きを読むからどうぞ。

続きを読む

謎の白菜ロール 

本日ご紹介の料理は、なんというかまぁ・・・、
ウチの実家から溺れるほど白菜を貰い、鍋で食べるのも飽きたときに
マイワイフのインスピレーションにより作られたレシピです。

謎の白菜ロール
謎の白菜ロール

ヨメ曰く、「白菜は淡白だから何にでも合うのよ」との事。
とりあえず詳細レシピは続きを読むからどうぞ。

続きを読む

銀座ランチ@唐井筒のかれいの唐揚げ 

本日ご紹介のお店はすっぽん料理専門店「唐井筒」です。
とは言ってもランチはすっぽんに限らず、いろんな魚料理が楽しめるのですが
このお店のイチオシと言ったらこちら。

かれいの揚げおろし@1,100円
かれいの揚げおろし定食@1,100円

大ぶりのかれいの切り身が目の前でじっくりと揚げられていて、
濃い目の醤油ベースの汁と良くマッチしています。
しっかり揚がっているので、ヒレの部分もカリカリとしておりおいしく食べられます。

ではお店の詳細は続きを読むからどうぞ。

続きを読む

厄払いと恵方巻き 

2月2日の土曜日(大雪の前日)、
ウチのヨメさんが厄年(年齢は自主規制)だったので川崎大師に厄払いに行ってきました。

川崎大師で厄除け
厄除けと言えば川崎大師。
この川崎大師で厄除けをした上に、この日は節分前だったこともあり
豆まき用の福豆
豆まき用の福豆も購入。
これで福を招き入れれば厄年も怖くないわけですが、
念には念を入れてもう一つ。
恵方巻き
さらに厄払い&福を招き入れようと貪欲に恵方巻きを作ってみました。

そんな恵方巻きレシピは詳細は続きを読むからどうぞ。

続きを読む

砂肝のガーリック炒め 

本日ご紹介の料理は、酒の肴として最適なレシピです。
ひと月の酒代がなかなかハンパねぇ金額になるマサ家では
酒の肴のレパートリーについて家族会議が開かれるぐらい重要なファクターになっているのです。

そんな中、新たな仲間が加わりました。
砂肝ガーリック炒め
砂肝ガーリック炒め

砂肝のコリコリ感とニンニクの香ばしさが最強のタッグを組んでいます。
詳細レシピは続きを読むからどうぞ。

続きを読む

新橋ランチ@とんかつ明石 

本日ご紹介のお店は
サラリーマンの聖地ニュー新橋ビル、しかも4階という、なかなか足を踏み入れる機会もない場所で
一際目立つのがこの「とんかつ明石」です。
ニュー新橋ビルにしては珍しく(笑)、非常にキレイでさっぱりしたお店です。

ロースカツ定食@1,200円
ロースカツ定食@1,200円

ニュー新橋ビルにしては珍しく1,000円オーバーのランチです
とはいっても、ボリュームたっぷりで肉は柔らかく、衣はカラッと揚がっているので
充分、満足できるメニューだと思います。常連さんが多いのもうなずけますね。

ではお店の詳細は続きを読むからどうぞ。

続きを読む

青パパイヤイリチー 

昨日の青パパイヤのサラダで使った青パパイヤが半個あまってしまいました
なので、本日のレシピは残り半分の青パパイヤを使ってイリチーをつくってみました。
※『イリチー』とは沖縄の方言で“炒める”意味です。
昨日は生パパイヤだったので
今日は炒めパパイヤと、ちょっと趣向を変えてみました。

青パパイヤイリチー(炒め煮)
青パパイヤイリチー

レシピなんて書くまでもない、いたってシンプルな炒め物ですが
念のため詳細レシピは続きを読むからどうぞ。

続きを読む

青パパイヤのタイ風サラダ 

本日ご紹介の料理は
酸味と塩味と甘味の3種混合のおいしさが楽しめる青パパイヤのサラダです。
よく行くスーパーで青パパイヤが安く売っていたので
これは自宅でチャレンジしてみようと思って作ったレシピです。

青パパイヤのタイ風サラダ
青パパイヤのタイ風サラダ

個人的にパクチー(香菜)が大好きなので
やたら大量にサラダの中に入っていてアジア風味を強めてます。
では詳細レシピは続きを読むからどうぞ。


続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。