スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鶏キムチ鍋 灼熱風レシピ 

一雨ごとに気温も下がり鍋がおいしい季節になってきましたね。
そんな中、本日ご紹介するレシピはズバリ『鶏キムチ鍋』です。

鶏キムチ鍋
鶏キムチ鍋 灼熱風。

なじぇ灼熱風かというと、
実はウチの嫁、それはもうとてもとても辛党でして
上記の写真を見ていただいた通り
鶏鍋なのか単なるキムチ煮込みなのか分からないくらい赤いからです。

そんな赤鍋のつくり方は続きを読むからどうぞ。




では詳細でござい。

1.まずは材料。長ネギ、ニンニクの芽、チンゲン菜、水菜、鶏胸肉をセット。
長ネギ、ニンニクの芽、チンゲン菜、水菜、鶏胸肉をセット

2.そして肝心のスープ。味噌、豆板醤(多)、酒、醤油でベースを作ります。
味噌、豆板醤、酒、醤油でベースを作り

3.主役のキムチさんを夢に出てくるくらい盛り盛りします。
山盛りにキムチを乗せて煮込み

4.煮込む間に舌のオアシスつくり。今回は鍋に合わせ韓国サラダ。
  サンチュ、水菜にごま油、豆板醤、味噌、酢、塩コショウ、ゴマを
  混ぜあわせて作ったドレッシングをかけていただきます。
韓国サラダを付け合せ

5.煮えたら取り分けていただきます。
取り分けていただきます。


いやー、寒くなってくればくるほど鍋は旨いですね。
ココロもカラダも舌も温まります。というか熱くて痛い。


そ し て


鍋の醍醐味といえば第二ラウンド。

6.残ったスープにご飯と溶きタマゴを加え一煮立ち。
第二ラウンド 雑炊つくり

7.蒸し蒸しして
タマゴを入れて蒸して

8.蓋を開ければできあがり。
できあがり。

9・一粒で二度おいしくいただきます。
取り分けて二度おいしくいただきます。



この雑炊こそメインディッシュです。
あー、日本人に生まれてきて良かった。
米とタマゴが暴力的な辛さを中和してくれます。マジ旨いー。


秋から冬にかけて『鍋』というレパートリーが広がりますね。
ごちそうさまでしたっ!


(余談)
辛(から)いと辛(つら)いって同じ字なのね。。。
と鍋を食べながらふと思う今日この頃。


この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1foods.blog70.fc2.com/tb.php/159-cf0622fa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。