スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本料理 彩々楽 クリスマススタイル 

クリスマスイブに
いつもお世話になっている彩々楽さんに行ってきました。
【過去ログ1】   【過去ログ2】

そもそもクリスマスの1週間ぐらい前に
嫁さんの「プレゼントよりも食べ物の方がいい」という
ブログホリックの私には出来過ぎた一言。

というわけで、クリスマス in 彩々楽と相成ったわけです。

早速、前菜から。
生牡蠣のおいしい季節になりました。
絶品!生牡蠣。

ノロウィルスのせいで悪者になっちゃってますが
実は牡蠣で中毒になってる事例ってないんですよね。

この牡蠣も新鮮で全然生臭くなく、
一瞬で飢えた子達の胃袋に吸い込まれていきました。

さらなる美味は続きを読むからどうぞ。






続々と幸せがでてきます。

光陰八寸
光陰八寸 (からすみ、蟹酢、焚き牡蠣、クワイなどなど)

ふぐ小鍋
ふぐ小鍋 紙鍋でいただきます。

お造り(金目鯛、ヒラメの縁側、紋甲イカ)
お造り (金目鯛、ヒラメの縁側、紋甲イカ) 実は醤油がウマイっ!

海鮮 朴葉焼
海鮮 朴葉焼。味噌が、味噌がウマいんです。白いご飯が欲しくなります。

串揚げ
串揚げ (牡蠣、海老紫蘇巻き、アスパラ豚肉) これもソースと岩塩がウマイ。
焚合せ
焚合せ。 すりおろした(?)蕪を蒸した感触が堪りません。

真鯛茶漬
締めの真鯛茶漬。

甘味 クリスマススタイル
甘味。 柊の葉を添えてクリスマススタイルに。

なぜ日本料理店なのにクリスマススタイルなのか?


それは・・・。


(予約時再現)

僕「24日なのでクリスマスっぽくしてください。
↑日本料理屋さんになんて事言ってるんでしょうコイツは?

そんな無茶なお願いも(多少)聞いてくれる彩々楽さんの詳細です。


日本料理 彩々楽

住  所 : 埼玉県蓮田市本町七番一号
電  話 : 048-768-0123
営業時間 : 昼 11時30分より14時  夜 18時より22時
定休日  : 毎週月曜日

ごちそうさまでしたっ!

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1foods.blog70.fc2.com/tb.php/213-a88761aa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。