スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

潮の香りを楽しむ メカブ入りカニ汁(カニ肉無し) 

17日に掲載した毛ガニネタの別のお話の方です。

覚えてない方、初めての方の為に簡単に説明すると
このカニの茹で汁を勿体無いので他の料理に使いましょう。
寒そうだったのでお風呂で温まってもらいます。
と、一つの素材で二度おいしい
地球にも、ネタ切れ気味のブログ管理者にもやさしい記事に仕上げてます。

完成形はこんな感じ。
カニ汁(カニの身無し)のできあがり
カニ汁(カニ肉無し)

カニ汁といいながらカニ肉が入っていないという
ちょっと物悲しげでアンニュイになりそうだったので
特別ゲストとして
生メカブ
潮の香りいっぱいの生メカブ様にご登場いただくことになりました。
昔、記事にしましたがこちらもやはり中島水産で調達してきた素材です。


では詳細レシピは続きを読むからどうぞ。





1.まずは具材を用意。
  今回の残り物はニンジン、エリンギ、長ネギ、カブ、キャベツさん。
  これらをカニの茹で汁の中に投入します。
カニの茹で汁に野菜をたっぷり入れて

2.同時にメカブを茹で上げて
生メカブを茹で上げて

3.しっかり緑色になったあたりで適度な大きさに切り分けて
茹で上がった緑色のメカブ
適度な大きさに切り分けて

4.こちらも具として投入。
具として投入

5.更にメカブの煮汁もブレンドし
更にメカブの煮汁もブレンドし

6.お味噌を溶かして
お味噌を溶かして

7.カニ汁(カニの身無し)のできあがり。
カニ汁(カニの身無し)のできあがり



That's 潮。

何て表現したらいいんでしょう。
例えて言えば加山雄三な味がします。幸せだなぁ。

カニ肉は無くても、充分ダシがでているのと
さらに磯の香り漂うメカブのブレンドが深い味わいを醸し出してます。
残り汁でも充分おいしく出来上がりますので
機会があればぜひ試してみてください。

ごちそうさまでしたっ!

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1foods.blog70.fc2.com/tb.php/259-568794f8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。