スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鱈三昧!チャンジャ丼とチャンジャスープ 

以前から何回か記事にしているのですが
実家の両親はいろんな食材を持ってきます。

非常にありがたい、ありがたいんですがとにかく量が半端無い。
一週間近く食べ続けても無くならないような量を平然と置いていきます。

前にも貰ったチャンジャの事を記事にしたのですが
気を良くしたのか、卸売りができそうなぐらいの量が玄関に置かれてました。

嬉しい、嬉しいんですが、いかんせん生もの
とにかく早く食べないと。でも減らない。

であればとにかく量を食べられそうな料理と、
火を通してしまえというわけで出来上がった苦心のレシピがこちら。

チャンジャ丼
苦心のレシピその1 チャンジャ丼。

苦心の割には色鮮やかでおいしそうなデキです。
そしてその2は続きを読むからどうぞ。





では苦心のレシピその2の披露です。

どん。
特製チャンジャスープ
特製チャンジャスープ。

こちらも無理矢理つくった割にはなかなかの見栄えです。
ではレシピのご紹介。

1.たっぷりのネギとセロリを茹でて
たっぷりのネギを茹でて

2.たっぷりのチャンジャを入れて
たっぷりのチャンジャを入れて

3.たっぷりのゴマを入れて
たっぷりのゴマを入れて

4.ダシを入れて、醤油とごま油をたらして
ごま油をたらして

5.チャンジャスープのできあがり
チャンジャスープのできあがり

6.白いご飯に海苔を敷き
白いご飯に海苔を敷き

7.たっぷりのチャンジャを乗せて
たっぷりのチャンジャを乗せて

8.半熟卵焼きを乗せてチャンジャ丼のできあがり
半熟卵焼きを乗せてチャンジャ丼のできあがり



さてさて、2つとも視覚的には完璧です。
早速、試食試食。。。


やばい、天才かも。


スープはチャンジャに熱を通す事で内臓のコリコリ感が楽しめ
丼はチャンジャの辛味を半熟卵が優しく包み、素敵なハーモニーを醸し出してます。
(うーん、詩人・・・。)

というわけで、あんまりチャンジャを持て余す事は無いと思いますが
同じような状況が起こった際にはぜひ試してみてください。

ごちそうさまでしたっ!


『追記』
久しぶりの更新だと、
なかなか文章のリズムというか言い回しが思いつきませんね。
ちょっとずつ、勘を取り戻していきますね~。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1foods.blog70.fc2.com/tb.php/265-0d17e512

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。