スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅ジャムヨーグルトで青梅をとことん使い尽くすなり。 

青梅三部作のラストを飾るのは梅ジャムです。
しかも正統派の梅ジャムではなく、
梅肉エキスを搾り取った残りかすを使ったレシピです。

なぜなら、果汁を根こそぎ搾り取られた後の果肉があまりにも不憫だったので
どうせなら最後まで面倒みてしまおうと、とりあえず煮込んでみちゃったわけです。

果肉再生中・・・。
梅エキスの搾りカスを水で戻し鍋で煮込みます。
梅エキスの搾りカスを水で戻し鍋で煮込みます。

このあとの詳細は続きを読むからどうぞ。






とりあえず煮込んでみたものの甘味が足りないので
火が通ったところで砂糖とハチミツで甘味を調整します。
火が通ったところで砂糖とハチミツで甘味を調整します。

おいしくなる事を信じてとろとろになるまで煮込みます。
とろとろになるまで煮込みます。

そのまま食べるのも芸がないのでヨーグルトにかけていただきます。
梅ジャムヨーグルトのできあがり。


お、これは予想以上に梅の風味が残っていてさっぱりいただけます。
今回はシンプルにヨーグルトで食べましたが
横で嫁がニヤニヤしているので、
おそらく別の料理の使用法を思いついたのでしょう。

今回の梅ジャムは本来の作り方ではないので
(本当は梅の実を煮て、果肉をそのまま使います)
なんともおススメできるレシピか微妙なところですが
梅肉エキスとセットでつくるといいかもしれませんね。

ごちそうさまでしたっ!

この記事へのコメント

搾りかすの行方が、、、

とっても気になっていたので、さすが!!!っと、唸ってしまいました。Mottainai♪もったいない♪
と歌って踊っているルー大柴さんもホッとしていることでしょう。

>ライチティーさま

コメントありがとうございます^^
そうなんです。
我が家は捨てると言う行為は悪なんです(笑)

ルー大柴さんも大満足に違いないでしょう!

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1foods.blog70.fc2.com/tb.php/349-309c2afc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。