スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お坊さんを気絶させたナス 

不思議なタイトルに引き寄せられてきた皆さま、こんにちは。

本日ご紹介の料理はヨメが何処からか見つけてきた
パトゥルジャン・イマム・バユルドゥというトルコ料理です。

パトゥルジャン(=茄子)、イマム(=僧)、バユルドゥ(=気絶した)という意味で
お坊さんががこの料理の匂いをかいだだけで、
あまりにおいしそうで気絶したとかしないとか。

そんなわけで完成図がこちら。
お坊さんを気絶させた茄子
お坊さんを気絶させた茄子(パトゥルジャン・イマム・バユルドゥ)

実はこの料理、
昨日頂いたリケン「ノンオイルスーパードレッシング 青じそ」を使ってつくってます。
では詳細レシピは続きを読むからどうぞ。




1.トマトを賽の目状に切り、塩を一つまみ振ります。
トマトを賽の目状に切り、塩を一つまみ振ります。

2.ニンニク、玉ねぎ、青とうがらしをみじん切りにし、
  茄子はストライプ状に皮をむきます。
ニンニク、玉ねぎ、青とうがらしをみじん切りにし、茄子はストライプ状に皮をむきます。

3.オリーブオイルで茄子がやわらかくなるまで弱火でじっくりと炒めます。
オリーブオイルで茄子がやわらかくなるまで弱火でじっくりと炒めます。

4.火が通った茄子を一度取り出して
火が通った茄子を一度取り出して

5.残ったオリーブオイルでニンニク、玉ねぎ、青とうがらしを炒めて
残ったオリーブオイルでニンニク、玉ねぎ、青とうがらしを炒めて

6.最後にトマトを加えて
最後にトマトを加えて

7.トマトがペースト状になったら、軽く小麦粉を振ります。
トマトがペースト状になったら、軽く塩味をつけます。

8.茄子の皮をむいた部分を縦に裂いて押し広げ、炒めた野菜を詰めます。
茄子の皮をむいた部分を縦に裂いて押し広げ、炒めた野菜を詰めます。

9.味付けにリケン「ノンオイルスーパードレッシング 青じそ」を入れて
懸賞で貰った、青じそドレッシングを入れて

10.弱火にして蓋をし、水分が少し残る程度になるまで煮込みます。
弱火にして蓋をし、水分が少し残る程度になるまで煮込みます。

11.冷蔵庫で冷やして、食べる直前にパセリのみじん切りを乗せてできあがり。
冷蔵庫で冷やして、食べる直前にパセリのみじん切りを乗せてできあがり。


坊さんじゃないので気絶しませんでしたが、
野菜の味がしっかり出ていて確かに旨いです。
本来は、水・塩・砂糖・レモン汁等で煮るらしいのですが
ドレッシングが思った以上に合っていて、味付けも簡単にできました。

暑い時期、さっぱりといただける料理ですので
ぜひとも試してみてください。

ごちそうさまでしたっ!

この記事へのコメント

なすが冷蔵庫にごろごろしてるから
さっそくいまからつくりま~~す。
うれしいわ~ん
  • [2007/08/13 09:10]
  • URL |
  • ★☆ラリルちゃん☆★
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>★☆ラリルちゃん☆★さま

こんばんは~^^
ホントこれはおいしかったので
ぜひともお試しください。気絶して下さい(笑)

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1foods.blog70.fc2.com/tb.php/404-39ad9231

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。