スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャベツと豚挽き肉の三段重ね炊き 

本日ご紹介の料理は久々の炊飯器レシピです。
ちなみにこの料理最初は意気揚々と調理してたんですが、
最後の最後、タイトルどうしよぅ・・・と悩みに悩んだ料理でもあります。

本当は豚肉とキャベツのミルフィーユだとか、
洋風でイカス(死語)料理名にしようと思ったのですが
実態と余りにもかけ離れているので、見たまんまの料理名にしてみました。
キャベツと豚挽き肉の三段重ね炊き
キャベツと豚挽き肉の三段重ね炊き

確かにミルフィーユと言うよりも地層です(笑)
ですが、味に関してはなかなかの物に仕上がってます。
詳細レシピは続きを読むからどうぞ。




1.豚挽き肉、玉ねぎ・エリンギのみじん切り、卵、ショウガ、
  水切りした豆腐、パン粉を入れかき混ぜます。
豚挽き肉、玉ねぎ・エリンギのみじん切り、卵、ショウガ、水切りした豆腐、パン粉を入れかき混ぜます。

2.混ぜたパテに塩・コショウ、醤油で下味を付けます。
混ぜたパテに塩・コショウ、醤油で下味を付けます。

3.炊飯釜にキャベツの芯の部分を敷き詰めます。
炊飯釜にキャベツの芯の部分を敷き詰めます。

4.一段目のパテを敷き詰めます。
一段目のパテを敷き詰めます。

5.同様に二段目にキャベツの葉とパテを敷き詰めます。
同様に二段目にキャベツの葉とパテを敷き詰めます。

6.さらに三段目。キャベツの葉とパテを敷き詰めて
さらに三段目。キャベツの葉とパテを敷き詰めて

7.さらにさらにキャベツの葉を敷き、手でしっかり押さえつけます。
さらにさらにキャベツの葉を敷き、手でしっかり押さえつけます。

8.酒で溶いたガラスープを上から注ぎ
酒で溶いたガラスープを上から注ぎ

9.炊飯器にセットしてスイッチオン!
炊飯器にセットしてスイッチオン!

10.炊きあがった後、さらに20分程度保温で蒸した状態がこちら。
炊きあがった後、さらに20分程度保温で蒸した状態がこちら。

11.酒、みりんを一煮立ちさせて、水で溶いた片栗粉でとろみをつけます。
酒、みりんを一煮立ちさせて、水で溶いた片栗粉でとろみをつけます。

12.炊飯釜から滑らすように重ね炊きを取り出して、あんをかけます。
炊飯釜から滑らすように重ね炊きを取り出して、あんをかけます。

13.仕上げにごま油を垂らして
仕上げにごま油を垂らして

14.キャベツと豚挽き肉の三段重ね炊きのできあがり。
キャベツと豚挽き肉の三段重ね炊きのできあがり。


キャベツが豚肉の旨味を吸って、とってもおいしく仕上がってます。
見た目は地層ですが(笑)豚肉の層、キャベツの層ともに柔らかく炊きあがっていて
お箸で簡単に切り分けられます。
工程(画像)で見るより実際作ってみると意外と簡単ですので
ぜひ試してみてください。ロールキャベツより簡単ですよ。

ごちそうさまでしたっ!

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1foods.blog70.fc2.com/tb.php/421-b761ceaf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。