スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆珍味☆氷頭(ひず)なます 

第一弾から間が空きましたが、鮭レシピ第二段です。
本日ご紹介のレシピは、
鮭の鼻先の軟骨を使った、氷のように透き通った美しい料理です。

完成図はこちら。
鮭の氷頭なます(ひずなます)
氷頭なます(ひずなます)

透き通った軟骨の美しさとコリコリとした食感が楽しめる逸品です。
詳細レシピは続きを読むからどうぞ。




1.鮭の頭の氷頭(ひず)の部分を切り落とします。
鮭の頭の氷頭(ひず)の部分を切り落とします。

2.切り取った氷頭を薄切りにし、軽く塩揉みして2時間ほど置きます。
切り取った氷頭を薄切りにし、軽く塩揉みして2時間ほど置きます。

3.塩を洗い流し、酢でさらに2時間ほど漬け込みます。
塩を洗い流し、酢でさらに2時間ほど漬け込みます。

4.粗めにすりおろした大根おろしと和え、
  合わせ酢(酢2分の1カップ、砂糖大さじ1、塩小さじ1)で味付けします。
粗めにすりおろした大根おろしと和え、合わせ酢(酢2分の1カップ、砂糖大さじ1、塩小さじ1)で味付けします。

5.千切りした柚子を乗せて、氷頭なますのできあがり。
千切りした柚子を乗せて、氷頭なますのできあがり。


鮭は捨てるところがないと言われますが、
軟骨までこんなに美味しく食べた昔の人の知恵には驚かされます。

なかなか氷頭と出会うのは少ないかもしれないですが、
機会があればホントおいしいですので、ぜひとも試してみてください。
ごちそうさまでしたっ!

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1foods.blog70.fc2.com/tb.php/462-9ab1a8ab

珍味☆氷頭なます

氷頭なます 1.鮭の頭の氷頭(ひず)の部分を切り落とし薄切りにします。 2.軽く塩揉みして2時間ほどそのまま置きます。 3.塩を洗い落とし、酢でさらに2時間ほど漬け込みます。 4.粗めにすりおろした大根おろしと和え、 合わせ酢(酢2分の1カップ、砂糖大さ...
  • [2007/11/23 10:46]
  • URL |
  • ごちそうレシピ |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。