スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末イベント2 「レーシック」受けてみた 

えっと、ブログの趣旨とは全然関係ないんですが
ワタクシ、数日前にレーシックの手術を受けまして。
で、今現在かなり快適な生活になっているので、
これはちょっと書きたいなぁ・・・と思って、つい記事にしてみました。
(興味ない方は読み飛ばしちゃってください、すみません・・・

知らない方のために説明しますと
レーシック(LASIK)とは視力矯正(視力回復)の手術で、
要は角膜にレーザーを照射し屈折率を変えて視力を矯正するという、最近話題の手術なのです。

というわけで視力0.1以下メガネっ子歴15年のワタクシ
年末年始の休みを利用して脱メガネ宣言をするべく
多少の不安を抱えつつ行ってきたのです。

我がメガネコレクション
我がメガネコレクション

続きは長くなりそうなので、興味のある方のみどうぞ(笑)




まず、最初に3時間弱の時間を使って検査。
ものすごい台数の検査機器とスタッフと客(患者)が流れ作業で進んでいきます。

とにかくあらゆる検査を行い、
(たぶん)手術のデータを取っているのだと思いますが
僕がわかったのは自分の正式な視力が両目共に0.04だったこと。
うーん、思った以上に悪いですねぇ。。。
これがどうなるかという期待を持ちつつ検査は終了。

そして手術日。
手術から1週間は禁酒との事なので、前夜に名残酒を嗜み気分を高揚させます。
手術の1時間前から当日検査を行い点眼麻酔をしていよいよ手術へ。

手術自体は20~30分程度で終了。
痛みについては個人差があると思いますが、
私に関しては歯の治療に比べたら全然痛く無かったです。
ただ、最初にフラップと言う角膜の蓋を作るステップがあるのですが
この最中が一番痛かったですね。
ちなみに目にレーザーが当たる経験はかなり不思議な視界になるので
一度経験しておいても悪くないかもしれません(笑)

手術後は30分程度別部屋で安静にし、術後検査を行いその日は終了。

で、視界はというと手術直後から見える見える。
スゲースゲーと感動していたら麻酔が切れた2時間後ぐらいから
角膜を切った事によると思われる痛みとドライアイによる痛みのダブルパンチで号泣。
処方された点眼薬と点眼麻酔をさしたところ痛みも弱くなりなんとか復活。
今思うと、術後2時間目が一番痛かったですね。

帰宅後、1時間おきに目薬をさしながら、
同じく支給された変な眼帯で目を保護して眠りにつきました。

翌朝・・・。

スゲー見える!
手術日は少し白みがかってた視界もクリアになり、かなりいい感じです。
翌日検診で視力検査をすると片目1.2まで回復。
こんな良い視力は小学生以来です。

メガネ、コンタクトが煩わしいと思っている方はぜひ試してみる価値があると思います。
かなり感動したのでちょっと記事にしてみました。


ちなみに視力は矯正されても、
歪んだ性格は矯正されなかったのが悩ましい限りです(爆)

参考までにワタクシが行ったクリニックはこちら⇒品川近視クリニック

と、料理と関係ない記事で2007年も終了です。
ではまた来年も宜しくお願いします

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1foods.blog70.fc2.com/tb.php/501-f315bba9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。