スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生牡蠣と牡蠣のオイル漬け 

大ぶりな殻付きの牡蠣をいただきまして。
大ぶりの殻付きの牡蠣
素晴らしきかな頂き物人生。

ちなみに一緒に入っていたのが軍手とナイフ。
このアイテムに、自分でなんとかしろというメッセージを感じ取りましたので
修行僧のように殻と戦い、なんとかむきあげました。貝柱ってなかなか強敵ですね。

というわけで、生牡蠣でいただくのは勿論なのですが
ちょっと手を加えた料理も作ってみました。
生牡蠣牡蠣のオイル漬け
生牡蠣と牡蠣のオイル漬け

フレッシュな生牡蠣と、一晩漬け込んだ牡蠣で、
それぞれ違った旨味が楽しめます。

では詳細レシピは続きを読むからどうぞ。





1.殻をむいた牡蠣を軽く湯通しして臭みを抜きます。
殻をむいた牡蠣を軽く湯通しして臭みを抜きます。

2.フライパンで汁気が無くなるまで乾煎りします。
フライパンで汁気が無くなるまで乾煎りします。

3.ニンニクの薄切り(1片)、鷹の爪(1本)、ローリエ(1枚)、
  醤油、オリーブオイルの中に牡蠣を漬け込みます。
ニンニクの薄切り(1片)、鷹の爪(1本)、醤油、オリーブオイルの中に牡蠣を漬け込みます。

4.一晩置いたら牡蠣のオイル漬けのできあがり。
一晩置いたら牡蠣のオイル漬けのできあがり。


牡蠣の自然の塩味と醤油の風味がオイルに包み込まれて
とても芳醇な味になって非常におうしいです。
もう時期的に旬ではなくなってしまいますが、また来年の楽しみにしたいと思います。

ごちそうさまでしたっ!

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1foods.blog70.fc2.com/tb.php/557-c576856b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。