スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パクチージャンキーに捧ぐヤンパク 

本日ご紹介のレシピは、
王様のブランチで紹介されたパクチーハウス東京のイチオシ料理を
自己流でチャレンジしてみました。

完成図がこちら。
ヤンパク(羊×パクチー)
ヤンパク(ラム肉×パクチー)

パクチーの独特の風味が羊肉とよく合って、マジ旨いです。
なにやら、この料理は中国発祥らしく、
羊は中国語で(yáng=ヤン)と発音するのでヤンパクとのことです。

ちなみにブランチを見た直後、パクチーを探しに行ったところ
森のようなパクチー(コリアンダー)
栽培用のパクチー(コリアンダー)しか売って無かったので
鉢ごと買い占めてきました。(一鉢だけバジルがいるのはご愛嬌)





1.大量のパクチーを適当な大きさに切り分けます。
大量のパクチーを適当な大きさに切り分けます。

2.サラダ油にクミンシードを入れて、
  香りが出たところでラム肉を炒め、塩コショウで味を調整します。
サラダ油にクミンシードを入れて、香りが出たところでラム肉を炒め、塩コショウで味を調整します。

3.焼きあがったラム肉を山盛りのパクチーの上に乗せます。
焼きあがったラム肉を山盛りのパクチーの上に乗せます。

4.ヤンパク(ラムパクチー)のできあがり。
ヤンパク(ラムパクチー)のできあがり。

とても簡単なレシピですが、僕のようなパクチージャンキーには
これぐらいシンプルな方がパクチーの旨さが際立って最高においしいです。
パクチー好きの方、ぜひぜひ試してみて下さい。

なお、久々に家庭菜園ができました。
久々に家庭菜園ができました。
使わなかった2鉢と根っこだけの2鉢+バジルくん。
これでしばらく楽しめそうです。

この記事へのコメント

ビバ! ヤンパク!

ヤンパク美味しいですね!
上記のレポートを楽しく読ませていただきました。

クミン入れると美味しいですね。今、パクチーハウスのレシピではクミンを使っていませんが、僕が以前家でつくっていたときはクミンを常用していました。

では、突然の書き込み失礼しました。


ヤンパク名づけ親より

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1foods.blog70.fc2.com/tb.php/625-50180b28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。