スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古代米の栗ご飯 

婆ちゃん家に自生している栗をいただきました。

婆ちゃん家に自生している栗。
市販の栗と違って、鬼皮も渋皮も雄々しい野生栗。

あぁ、もう栗の季節なんだなぁ…としみじみしながら
オーソドックスではありますが栗ご飯を作ってみました。
古代米の栗ご飯
古代米の栗ご飯

オーソドックスとか言いながら、
遥か昔に仕入れた古代米をアレンジしてみました。




では詳細レシピです。

1.古代米を水に30分程度浸します。
古代米を水に30分程度浸します。

2.圧力鍋で栗をふかします。(沸騰したら火を止めて、自然に圧が抜けるまで放っておきます。)
圧力鍋で栗をふかします。(沸騰したら火を止めて、自然に圧が抜けるまで)

3.白米に古代米を混ぜて、酒、塩、醤油、みりんで軽く味を付けます。
白米に古代米を混ぜて、酒、塩、醤油、みりんで軽く味を付けます。

4.皮をむいた栗をたっぷり入れてスイッチオン!
皮をむいた栗をたっぷり入れてスイッチオン!

5.1時間弱でほっくほくに炊き上がり。
1時間弱でほっくほくに炊き上がり。

6.好みでゴマをふりかけて、古代米の栗ご飯のできあがり。
好みでゴマをふりかけて、古代米の栗ご飯のできあがり。

ホクホクの栗とプチプチした古代米の食感がとても楽しいです。
醤油などの軽い味付けが、
ご飯と栗に良く染み込んでいて非常においしく仕上がってます。
これから旬の食材ですので、ぜひ試してみて下さい。

ごちそうさまでしたっ!

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1foods.blog70.fc2.com/tb.php/639-0acda4f5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。