スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衣被(きぬかつぎ) 

実家から大量の里芋をいただきまして。
大量の里芋をいただきました。

いろいろとレシピを考えたのですが、
新鮮な野菜なのでそのまま食べるのが一番だろうと思い、
シンプルに調理してみました。

衣被(きぬかつぎ)
衣被(きぬかつぎ)=里芋を茹でただけ

ホント、シンプルですが里芋のおいしさがそのまま楽しめます。




必要ないと思いますが、念のためレシピです。

1.一掴みの塩を入れたお湯で里芋を茹であげます。
一掴みの塩を入れたお湯で里芋を茹であげます。

2.山椒の葉を添えて衣被(きぬかつぎ)のできあがり。
山椒の葉を添えて衣被(きぬかつぎ)のできあがり。

山椒の葉のいい香りが里芋とよく合います。
今回は塩と醤油で食べましたが、両方ともとてもおいしいです。
超簡単ですので、ぜひ試してみてください。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1foods.blog70.fc2.com/tb.php/729-7147b462

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。