スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残った刺身で粕漬けっ! 

飲み屋で食べ残した刺身をテイクアウトしてきました。

刺身の盛り合わせの残りをもらってきました。
刺身の盛り合わせの残り

この日は飲み屋でお腹一杯飲み食いしてきたので、
この刺身が入るスペースが我が胃袋にはありませんでした。
ただ、そのままにしておくと傷んでしまいそうな気がしたので、
酔った身体にムチ打って、酒粕に浸け込んで眠りに落ちました。

そして、翌日のおかずになった完成図がこちら。
残った刺身で粕漬け
刺身の粕漬け

酒粕の甘い香りと旨みが染み込んで、
単なる焼き魚とは違ったおいしさに仕上がってます。




では詳細レシピです。

1.酒粕に味噌、砂糖、みりんを混ぜて粕床をつくります。
酒粕に味噌、砂糖、みりんを混ぜて粕床をつくります。

2.キッチンペーパーに刺身を巻いて、酒床に浸け込みます。
  キッチンペーパーに巻いておくことによって、酒床から取り出しやすくなります。
キッチンペーパーに刺身を巻いて浸け込みます。

3.粕床に浸け込んで、冷蔵庫で一昼夜置きます。
粕床に浸け込んで一昼夜置きます。

4.酒床から取り出して焼きあげれば、魚の切り身の粕漬けのできあがり。
魚の粕漬けのできあがり。

今回のように食べきれない刺身などかあれば、
どんどん浸け込んでしまえばしばらくの間、楽しめそうです。
残った酒床も、また別の魚や野菜を浸け込めるので
何度も楽しめるのが嬉しい限りです。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1foods.blog70.fc2.com/tb.php/780-e3798bca

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。