スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱い夏には、だし! 

というタイトルをつけておきながら、もう真夏日も過ぎてしまったような気候で、
なんだか今年の夏は、夏っぽくなかったなぁと、
しみじみ感じる季節外れ料理人マサです。

というわけで、本日ご紹介の料理は、食欲が落ち気味な熱い日に、
簡単にさっぱり食べられる山形の郷土料理、『だし』です。

だし
だし。

新鮮な夏野菜を刻み、ちょっと味付けしただけの料理ですが、
食欲が落ち気味の時に重宝しますよ。





では詳細レシピです。

1.キュウリ、茄子をみじん切りにし、塩水に5分程度さらします。
キュウリ、茄子をみじん切りにし、塩水に5分程度さらします。

2.かつお節、ゴマを加えて、お好みで麺つゆと醤油で味を調整します。
かつお節、ゴマを加えて、お好みで麺つゆと醤油で味を調整します。

3.だしのできあがり。
だしのできあがり。

超簡単ですが、このままご飯に乗せて食べてもおいしいですし、
冷奴に乗せたり
そうめんに乗せて食べると旨し。
冷奴の薬味にしたり、そうめんに乗せて食べてもまた旨しです。

今回は冷蔵庫に眠っていたキュウリと茄子だけで作りましたが、
ミョウガや大葉を入れても、独特の風味が加わっておいしいですよ。

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1foods.blog70.fc2.com/tb.php/790-4eb4dfd3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。