スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鴨のリンゴソース煮 

さてさて、結婚記念日料理のメインディッシュのお出ましです。
(今までの料理:サーモンカルパッチョホウレン草ポタージュ

過去記事のリンクばかりで恐縮なのですが、
我が家にはなぜか野生の鴨が時々届けられるので、
それを使ってメインの料理を作ってみました。

鴨のリンゴソース煮
鴨のリンゴソース煮

鴨特有の臭みもなく、
柔らかく煮込まれた鴨肉と、甘みのあるリンゴソースがとても良く合います。



では詳細レシピです。

1.鴨の身を牛乳に浸けて一晩置き、臭みを取ります。
鴨の身を牛乳に浸けて一晩置き、臭みを取ります。

2.鴨の身にフォークでたくさん穴をあけ、
  肉全体に塩・コショウを振り、一時間程度なじませます。
鴨の身にフォークでたくさん穴をあけ、肉全体に塩・コショウを振り、10分程度なじませます。

3.オリーブオイルとニンニクで、鴨の表面に焼き色をつけます。
オリーブオイルとニンニクで、鴨の表面に焼き色をつけます。

4.鴨を取りだしたフライパンで、
  玉ねぎのみじん切り、セロリ、りんごのいちょう切りを入れて炒めます。
鴨を取りだしたフライパンで、玉ねぎのみじん切り、セロリ、りんごのいちょう切りを入れて炒めます。

5.ルクルーゼ(保温性の高い厚手のホーロー鍋)に鴨、リンゴ類炒めを入れて
  シードルを注ぎ、蓋をして1時間程度煮込み、
  人を止めてさらに1時間程度置いて味をなじませます。
ルクルーゼ(保温性の高い厚手のホーロー鍋)に鴨、リンゴ類炒めを入れて
シードルを注ぎ、蓋をして1時間程度煮込み、人を止めてさらに1時間程度置いて味をなじませます。

6.リンゴソースを少し取り出し、フードプロセッサーでピュレ状にします。
  そのピュレを火にかけて、とろっとするまでかき混ぜます。
  火を止めたあと、バターと生クリームを加えよく混ぜ合わせます。
リンゴソースを少し取り出し、フードプロセッサーでピュレ状にします。そのピュレを火にかけて、小さじ1の小麦粉を水で溶いたものを加え、とろっとするまでかき混ぜます。火を止めたあと、バターと生クリームを加え

7.鴨肉を薄切りにして、リンゴソース、生クリームをかければできあがり。
  (ちなみにセロリの葉も乗せてますが、それはお好みでどうぞ。)
鴨肉を薄切りにして、リンゴソース、生クリームをかければできあがり。(ちなみにセロリの葉も乗せてますが、それはお好みで・・・)

メインディッシュだけあって、ちょっと時間と手間がかかってますが
その分、旨みがつまった料理に仕上がってます。

ちなみに後日談ですが・・・

リンゴソースをさらに煮詰め、ケチャップ、ウスターソースで味を調整すると
リンゴソースをさらに煮詰め、ケチャップ、ウスターソースで味を調整します。

ハヤシライスのできあがり。
ハヤシライスのできあがり。

これはこれで野菜と鴨の旨みが凝縮してマジ旨いです。
牛のブロック肉でも美味しくできると思いますので、
機会があればぜひ試してみて下さいね。

次回は簡単デザート(スイーツ)です。

この記事へのコメント

Re: 鴨のリンゴソース煮

これは、手が込んだ、超ごちそうですね。

Re: 鴨のリンゴソース煮

初めまして。自分は現在鬱病闘病中のシンと申します。

先日主治医に「何か趣味を持つ事が大事だよ、料理とかはどう?」と言われました。丁度彼女が誕生日だったのでケーキを作ってみましたが、楽しくてこれから料理にハマりそうです。

そして料理関係のサイトを巡っていたらこちらのサイトに辿り着きました。これから勉強させて頂きます。

もし宜しければ相互リンクさせて頂けないでしょうか?

自分もブログをやっており、

「自分探しのブログ 禁パチ禁スロ鬱病日記」

という題名でやってます。

アクセス数は平日2000~3000、土日は3000~4000程です。

お時間がある時で構いませんので、ご検討頂ければ幸いです。

突然のコメント、失礼致しました。

応援クリックして帰らせて頂きます。

失礼致します。

シン

Re: 鴨のリンゴソース煮

>みさきさん

コメントありがとうございます。
確かに手間はかかりましたが、それだけ美味しかったですよ(*^_^*)
また遊びに来て下さいね~。

Re: 鴨のリンゴソース煮

>シンさん

コメントありがとうございます。
料理はやってみると結構ハマりますよね~。

それで、リンクの件ですが
現在、相互リンクを受けていない状況なので
申し訳ありませんがご理解のほどよろしくお願いします<(_ _)>

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://1foods.blog70.fc2.com/tb.php/834-2849b995

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。